【夢喰見聞】真柴真

蛭孤/壞壞 Zi Zozo

妄鏡堂 戒吏/ @糧哥哥 COS 

攝影/袋鼠 Yu-hsiang Tai

----------------------


時代は大正末期。

帝都の一角にある喫茶「銀星館」にいる「貘」の蛭孤に救いを求めて悪夢に悩まされる者が訪れる。

 

【銀星館】蛭孤

悪夢を糧とする貘。

二年前より銀星館に住みつき、悪夢と引き換えに相談客を悪夢から解放する。太陽が苦手で、昼間は自室に篭っている。

 

【妄鏡堂】戒吏

妄鏡堂の主人は今も昔も、妄想に憑かれた男。

妄想を具現化できる部屋が幾つも存在し、戒吏自身がその部屋の鍵となっている。

 

 

貘に身体を取って代わられた梓は、妄鏡堂を訪ねてどうなったのか。

貘の記憶に残っていた幼い少年は?

蛭孤のトランクの中身って、それじゃ今蛭孤って呼ばれている彼は一体何者なんだ?

 

今回は夢の中に「浅草十二階」と「関東大震災」が出てきました。大震災は、なにやら蛭孤自身の過去にも関係ありそうで。

 

 

 

全部で六拾参夜。


评论
热度(6)
© 糧哥哥 COS/Powered by LOFTER